受容体となる葉酸を効率よく摂取する葉酸サプリ

葉酸は、摂取すると体内でメチル基の受容体や、メチレン基の受容体になって、約20種類の酵素の補酵素として働き、タンパク質と核酸の合成に関係しています。また、遺伝子の複製や修復、細胞分裂時の染色体の破損防止等にも役立ちます。葉酸が不足すると、貧血や出血性の疾患、腸炎、それに口内炎などの疾患を誘発します。葉酸は、食物からも摂取することはできますが、水溶性のビタミンのため、その摂取効率は50%程度です。一方、葉酸サプリによる摂取効率は、75%程度あり、葉酸サプリによる摂取の方が、効率がよくなっています。葉酸は、成人男女共に必要性の高い栄養素ですが、特に妊娠中や、授乳中の女性には欠かせない栄養素です。特に、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の脳神経に障害が出るリスクが高まるために、妊娠の可能性がある女性は、食物からだけでは必要量を摂取しきれない場合が多いので、葉酸サプリによる摂取を行うと効果的です。厚生労働省では、特に妊娠を希望している女性に対して、1日に400μgを摂取することを呼びかけています。
葉酸はまた、ビタミンB12と協力して赤血球の生産に関わるために、貧血の場合には鉄と合わせて摂取すると対策になります。

アスタリフト

検査値が低ければ葉酸サプリで葉酸を補給

血液検査をすれば、体の中の色々な状態を知ることができますが、その中でも赤血球がどれくらいの割合で含まれているのかを調べる検査を行うと、貧血症状について知ることができます。赤血球の検査値が低い貧血症状の場合には、鉄分やビタミンB12などの不足が考えられますが、それと同じく葉酸の不足も考えられます。ビタミンB12と葉酸は、協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助けるのです。逆に検査値が高い場合には多血症や脱水症などが考えられます。
葉酸が不足している場合には、それを補うために摂取しなければなりません。食物からでも摂取することは可能ですが、貧血症状が重いときには、できるだけ吸収効率の良い方法で葉酸を摂取しなければなりません。特に妊娠されている女性や授乳されている女性の方は、必要とする葉酸が多く、食物からだけではまかないきれないのが実情です。そのため、葉酸サプリを利用した、葉酸の摂取が必要となります。葉酸サプリは、葉酸を摂取しやすい状態にして、タブレット状やカプセル状にしたサプリメントであり、食物に比べると、葉酸の吸収率が良いことが特徴です。特に妊婦さんの場合には、食物だけで必要量の葉酸を摂取することは実質的に不可能ですので、葉酸サプリを用いた葉酸の摂取が推奨されます。

果物や野菜不足には葉酸サプリがオススメ

多忙な日々で野菜や果物が不足しがちな現代人。食物から摂取するには、手間と時間とコストがかかります。そこで万能なのが葉酸サプリです。葉酸は主に緑黄色野菜に多く含まれており、特に緑色の濃い葉ものに含まれています。その他鳥レバー、牛レバー、豚レバー、そらまめ、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、果物ではライチー、アボガド、マンゴーなどにも多いです。これらの葉酸が欠乏すると健康状態にどのような影響を及ぼすかというと、悪性の貧血、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪い、口内炎などの症状を引き起こします。葉酸サプリは栄養素のはたらきを円滑に進めるためのはたらきをします。特に血液との関係が深く、ビタミンB12と一緒にはたらきます。口内粘膜の強化、皮膚の粘膜の強化、グリシン、セリン、メチオニンなどのアミノ酸の合成やタンパク質の生成促進作用、赤血球の合成、遺伝子物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠などに有効です。妊娠を予定している女性または妊娠三ヶ月までの女性は食事とは別に葉酸サプリメントを摂取することで、神経管閉鎖障害のリスクを低減に効果があるとされており母子手帳にも葉酸の必要性が記されています。これらのことからも葉酸サプリは手軽にたくさんの栄養やビタミンを摂取出来る万能サプリといえます。

ご飯だけでは不足する栄養素を葉酸サプリで

テレビショッピングで目につくのが各種サプリメント。大半は医学的見地からはあまり意味のないもの、効果の少ないものが大半のようです。普通にご飯を食べていればそう問題はありません。でも妊婦さんの場合は少し様相が違います。赤ちゃんの栄養分として欠かせないのが葉酸です。ご飯だけで摂取しようとすればとんでもない量のホウレンソウやレバーが必要ですが現実的には無理です。そこで葉酸サプリの登場になります。なぜ妊婦さんに葉酸が必要なのでしょうか。子宮内での赤ちゃんの神経管の発達と密接な関係があるからです。神経管は発達すると上下に分かれます。上部は脳を司り、下部は脊椎を司ります。これが上手く分かれないのが神経管閉鎖障害。症状としては、無脳症と二分脊椎。無脳症の場合は大半が流産か死産。生まれても数時間以内に死亡します。二分脊椎の場合は下肢の運動障害や排尿障害となります。当然保護者は大変な負担を強いられることになります。葉酸サプリはこのリスクを下げるのに必要かつ有効です。でも妊娠が分かったから葉酸サプリを、では遅いのです。神経管は妊娠後6週目には完成されます。つまり妊娠という目標があるのでしたら子作り活動を始める段階から服用するのが望ましいのです。

葉酸サプリは胃痛にも作用します

消化不良や食事の乱れ、ストレスなどのために、日々活躍している胃にはかなりの負担が知らず知らずのうちにかかってしまっています。
胃痛の時は、胃を休めるようにするのが第一です。
しかし、食事を摂らないままでいると胃酸過多と言う症状にもなるため、食事を工夫しながら胃の優しいものを摂りましょう。
また、胃の粘膜を保護して、胃を丈夫にするためには、葉酸を摂ることでその胃の粘膜を守る働きがあるのです。
意外と葉酸サプリを摂取している人でも、胃痛に作用すると言うことは知られていないことが多いようです。
葉酸は、ビタミンB群の一種で、細胞や赤血球の形成に必要なビタミンとして大事な役割を果たしています。
意外にも、葉酸は食事ではなかなか摂りきれないことが多いので、葉酸サプリで摂ると効率よく摂れるようになります。

葉酸が不足して来ると口内炎ができたり、免疫力が落ちてしまったり、胃の粘膜が弱くなったりして胃痛を起こすことになります。
効率よく摂るには、葉酸サプリであれば一日の摂取目安の量を手軽に摂れると言う利点があります。

このように、葉酸サプリは、一般的に妊娠中に摂ることが広まっておりますが、胃痛の予防や改善にも役立つ作用があるのです。

妊婦の葉酸は野菜だけでなく葉酸サプリからも摂取

葉酸はビタミンB群の一種で赤血球の生成を助けたり、細胞の生成や再生を助けるなどの役割があります。
不足すると生活習慣病などの心血管系疾患や悪性貧血のおそれがあります。
新しい生命細胞を育てる妊婦には特に大切な成分で、十分な葉酸が必要です。
受精した瞬間から妊娠3か月ごろまで受精卵の細胞分裂が活発な時期で、葉酸不足になると胎児の神経管閉鎖障害が発生しやすくなります。妊娠初期は葉酸サプリを摂取することが望ましい時期です。
葉酸は緑黄色野菜に多く含まれていますが、熱に弱く水溶性であるのでたくさん野菜を摂取していても加熱調理することで効率的に摂取できず、また尿として排出されやすい成分です。
よって不足しやすいので食事に気を付けるだけでなく葉酸サプリを補うことが必要です。
葉酸は野菜以外に豆類やレバーにも含まれています。野菜、豆、レバーと身近な食べ物に含まれているものの、レバーは妊娠中多量に摂取しないほうがいいビタミンAが過剰になる可能性があります。
そして妊娠初期はつわりの時期で、人によっては食べ物を受け付けず、十分な栄養を摂取できないことがあるので、葉酸サプリを摂取していると葉酸不足になることがないので安心です。

葉酸サプリのメリットとデメリット

葉酸サプリには「天然サプリ」と「化学合成サプリ」と呼ばれるものがあります。
天然サプリのメリットは、人間の体に馴染みやすい形の栄養成分であることです。実際の野菜や果物を使われていることから葉酸の他にも様々な栄養素を摂取することができます。その為、栄養バランスが良く体内に吸収されやすいので、効果が出やすいです。
デメリットは、色が付いており、匂いや味に癖があることや、錠剤が大きいので少々飲みづらいことです。また、実際の野菜や果物を元に作成しているため高価であり、生産量が変化するため、供給が安定していないこともデメリットの一つです。
化学合成サプリのメリットは、匂いや味にクセがなく、錠剤も小さいので手軽に飲みやすいことです。また、供給が安定していることや、安価で手に入ることです。
デメリットは、自然のものから作成していないため栄養バランスが悪く、吸収率が落ちてしまったりすることです。また、安価に手に入ることから、過剰摂取を招きやすいことです。
双方の葉酸サプリに共通するデメリットとして、葉酸サプリの過剰摂取による副作用があることです。その副作用として、亜鉛の吸収率が下がったり、不眠症、消化器の不調、食欲不振、吐き気、むくみ、皮膚炎、倦怠感などの症状があります。

ヘモグロビンを運ぶ赤血球をつくるのに必要な葉酸サプリ

葉酸サプリといえば、妊娠しているときに必要と言われています。
お腹の中の赤ちゃんは、活発に細胞分裂しながら、成長してゆきます。
その細胞分裂が、間違いなく行われるようにする効果があるためです。
葉酸サプリのもう一つの大切な役目は、貧血の予防です。貧血と言うと鉄欠乏性貧血がよく知られていますが、貧血の原因は、鉄欠乏によるものだけではありません。
赤血球の中には、ヘモグロビンと言う赤い色素があり、これが酸素を体の隅々まで運びます。
赤血球は、このヘモグロビンの入れ物として、血液の中を流れています。したがって、赤血球その物が正常でないと、ヘモグロビンは、酸素を体のあちこちに届けることができません。
骨髄のなかにある赤芽球が正常に成長して赤血球になるのですがこの成長のために葉酸がビタミンB6やビタミンB12やタンパク質とともに必要です。
葉酸は、もともとほうれん草の葉空最初に見つけられたもので、レバーやとうもろこしやほうれん草やアスパラガスやイチゴなどに含まれていますが、ビタミンBの仲間なので、熱に弱く、水に溶けやすく調理の時に壊れてしまう事が多いのです。
葉酸を賢く摂取するには、葉酸サプリを利用するのが賢い方法です。
ただ、注意する事は、普通の食事で葉酸は、過剰になる事がありませんが、葉酸サプリの場合は、摂取目安以上に長期間服用すると、かゆみ、やほてりや蕁麻疹が起きる場合がありますので、必ず摂取目安量を守りましょう。

葉酸サプリ摂取量の基準値は

葉酸はアミノ酸や赤血球の合成に無くてはならない水溶性ビタミンの一種で、タンパク質の生成にも関係している物質です。
不足すると、食欲不振、下痢、貧血、口内炎などを引き起こす事もあります。その他人間の基本的な機能に関わる働きのある、重要なビタミンです。胎児にとっても重要な物質で、妊婦さんの葉酸摂取量が不足していると神経障害を起こす事もあるようです。ですから妊婦さんや授乳中の女性の方は、葉酸を意識的に多く摂る必要があります。
美しい皮膚を保つ働きもあるので、葉酸不足は美容の大敵とも言えるかもしれません。

葉酸の摂取基準値は成人で240μg、妊婦さんでは480μg、授乳婦さんでは340μgと厚生労働省が発表しています。
食品から基準値を満たす量を摂取するのは大変ですが、葉酸サプリで補うと簡単で確実な補給ができます。葉酸サプリには体内で有効に働きやすくする工夫がされていたり、他の栄養素もバランスよく配合されている葉酸サプリもあるので、鶏、牛、豚のレバー、焼き海苔、煎茶の茶葉や抹茶などの食品から摂る以上の効果が得られます。不足しがちな葉酸を葉酸サプリから摂ると、このように必要量を確実に摂る事が出来て、それ以上の効果も得る事ができます。

肩こりの緩和にも役立つ葉酸サプリ

葉酸は、水溶性ビタミンから生成されていて、さまざまな病気の予防や軽減に効果があります。
その効果には、肩こりも例外ではないのです。
摂取量をしっかりと毎日の食事から摂りたいものですが、なかなか葉酸が含まれている緑黄色野菜やレバーをふんだんに摂ることは難しいのです。
しかし、その点、葉酸サプリであれば摂取量の目安を手軽に摂ることが出来ると言うメリットがあります。

葉酸、赤血球の生成をし、末梢神経にも働きかけ、腰痛や肩こりの緩和にも効果があります。
末梢神経への働きかけによって、腰痛や肩こりの症状を和らげることが出来るのです。

腰痛や肩こりの改善は適度に体を動かすことで筋肉の収縮をほぐすことももちろんのこと、普段の食生活もバランスを考えていくことが大事なのです。

だからと言って、葉酸ばかりを意識してメニューを考えると言うのはなかなか難しい面もあるので、その分、食事では補いきれない葉酸を葉酸サプリで効率よく摂ることが効率的に出来るのです。

現代人は、ストレスやデスクワークの増加から肩や腰のこりや痛みに悩む人工も増えています。
葉酸サプリで、つらい症状の緩和、改善にもつながると言うことを知っておくと良いでしょう。