テレビショッピングで目につくのが各種サプリメント。大半は医学的見地からはあまり意味のないもの、効果の少ないものが大半のようです。普通にご飯を食べていればそう問題はありません。でも妊婦さんの場合は少し様相が違います。赤ちゃんの栄養分として欠かせないのが葉酸です。ご飯だけで摂取しようとすればとんでもない量のホウレンソウやレバーが必要ですが現実的には無理です。そこで葉酸サプリの登場になります。なぜ妊婦さんに葉酸が必要なのでしょうか。子宮内での赤ちゃんの神経管の発達と密接な関係があるからです。神経管は発達すると上下に分かれます。上部は脳を司り、下部は脊椎を司ります。これが上手く分かれないのが神経管閉鎖障害。症状としては、無脳症と二分脊椎。無脳症の場合は大半が流産か死産。生まれても数時間以内に死亡します。二分脊椎の場合は下肢の運動障害や排尿障害となります。当然保護者は大変な負担を強いられることになります。葉酸サプリはこのリスクを下げるのに必要かつ有効です。でも妊娠が分かったから葉酸サプリを、では遅いのです。神経管は妊娠後6週目には完成されます。つまり妊娠という目標があるのでしたら子作り活動を始める段階から服用するのが望ましいのです。