血液検査をすれば、体の中の色々な状態を知ることができますが、その中でも赤血球がどれくらいの割合で含まれているのかを調べる検査を行うと、貧血症状について知ることができます。赤血球の検査値が低い貧血症状の場合には、鉄分やビタミンB12などの不足が考えられますが、それと同じく葉酸の不足も考えられます。ビタミンB12と葉酸は、協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助けるのです。逆に検査値が高い場合には多血症や脱水症などが考えられます。
葉酸が不足している場合には、それを補うために摂取しなければなりません。食物からでも摂取することは可能ですが、貧血症状が重いときには、できるだけ吸収効率の良い方法で葉酸を摂取しなければなりません。特に妊娠されている女性や授乳されている女性の方は、必要とする葉酸が多く、食物からだけではまかないきれないのが実情です。そのため、葉酸サプリを利用した、葉酸の摂取が必要となります。葉酸サプリは、葉酸を摂取しやすい状態にして、タブレット状やカプセル状にしたサプリメントであり、食物に比べると、葉酸の吸収率が良いことが特徴です。特に妊婦さんの場合には、食物だけで必要量の葉酸を摂取することは実質的に不可能ですので、葉酸サプリを用いた葉酸の摂取が推奨されます。